手のしびれや痛み…1分で分かる腱鞘炎のセルフチェック方法

腱鞘炎は放置していると悪化し、治りが遅くなります。早めに治療・予防方法を取り入れる事が大切です。

ここでは腱鞘炎かどうか簡単にチェックする方法を紹介しています。私は実際に酷い腱鞘炎を経験してるので、その経験を元に書いてます。参考にしてください。

腱鞘炎についてはこちらの記事を参考にしてください→腱鞘炎とはどんな病気?原因となりやすい人の特徴をイラスト付きで解説

スポンサーリンク

手を振り回したくなるだるさが出る

腱鞘炎は初期症状の段階では強い痛みは出てきません。手首・指にだるさが出てきます。

チェックリスト

・いくら寝てもだるさがとれない
・手を思わず振り回したくなるだるさが続く
・だるさの範囲が広がっていく

特に長時間のデスクワーク・スマホを使う人は疲れがとれないまま、蓄積されていきます。

1.床と平行になるように、腕をまっすぐ伸ばす

2.手のひらを天井に向ける

腱鞘炎をセルフチェックする方法が書いたイラスト

3.グー・パーを繰り返す

だるさが出る場合は腕・肩に疲労が蓄積されています。この場合は温かいお風呂に入る・長時間のパソコンやスマホを使うのをやめる・睡眠時間をとるようにしてください。

人の体には自然治癒力があるので、早い人であれば2~3日でだるさがなくなります。

関連記事:自宅で出来る!腱鞘炎の効果的な治療方法 自然治癒で治した話

スポンサーリンク

手首に体液の塊ができる

人によっては手首の内側・外側に体液の塊が出る場合があります。これはガングリオンと呼ばれる腫瘤(しゅりゅう)です。

ガングリオン自体は悪性のものではなく、痛みを引き起こすものではありません。しかし、大きくなると神経を圧迫し、しびれや痛みを引き起こします。

ガングリオンについてはこちらの記事がわかりやすいです

日本整形外科学会様→ガングリオンの症状

手が動かしにくい

フライパンがもちづらい・ペンが握りにくいなどの症状が出てきます。

チェックリスト

・手首がうまく回らない

・重たい物が持てない

・両手を上に伸ばした時、まっすぐ上がらない

手にしびれ・痛みが出てくる

だるさを放置すると手にしびれ・痛みが出てきます。ズリキとした痛みが時々走りますが、放置すると治ることが多いです。

これらは悪化すると痛みが広がり、慢性的に痛くなるので注意が必要です。下の方法で手首に痛みがあるかセルフチェックしてください。

こちらは試してガッテンで紹介されていた手首の腱鞘炎チェック方法です。

1.親指を曲げる

2.他の四本の指で親指を軽く握る

3.親指側を上にした状態で、手首を小指の側に軽く曲げる

腱鞘炎のチェックの方法

参考新・現代病!世界に広がる謎の痛み

手の甲や肘の痛み

腱鞘炎は手首や指だけのように思われがちですが、

・肘

・手の甲

にも痛みが出てきます。腱は体中でつながっているため、症状が進行すると他にも痛みが出てきます。

チェックリスト

・ペンがうまく持てない

・タイピングするのがつらい

・スマホでスクロールする時に指が痛む

腱鞘炎は早めの治療が大切

初期の段階では手を安静にする・冷やす事が効果的です→自宅で出来る!腱鞘炎の効果的な治療方法 自然治癒で治した話

薬を使うことも効果的なので積極的に取り入れてください。おすすめの薬は薬剤師に腱鞘炎に効く市販薬やビタミン剤、痛み止め薬について聞いてみましたをご覧下さい。

カテゴリー:腱鞘炎

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

役に立ったらシェアしてね☆彡

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)