スマホの親指腱鞘炎の治し方 症状と1分でできるチェック方法

スマホの使いすぎで起きるのがスマホ腱鞘炎です。現代病の一つで、悪化すると薬の治療・手術が必要になります。

ここでは

  • スマホ腱鞘炎の症状
  • 治療・予防方法

について紹介しています。

スマホ腱鞘炎とは

人間の手には筋肉の力を指先まで伝えるために、腱と呼ばれる紐状のものが通っています(画像の赤い部分)

この腱は、腱鞘と呼ばれるトンネルの中を通っています(画像の青い部分)

指の中の腱と腱鞘のイラスト

この腱と腱鞘の部分に炎症が起きてしまうものを腱鞘炎と呼びます。

スマホ腱鞘炎とは親指のつけ根や手首に炎症が起きるドケルバン病と呼ばれる腱鞘炎の事です。

初期の症状は

親指の痛み
手首の違和感・痛み
手のしびれ
スマホを使うだけでズキりとした痛みが手に走る

です。

これらが悪化すると手の甲・肘などに痛みが広がります

スポンサーリンク

スマホ腱鞘炎のチェック方法

簡単にできるチェック方法です。痛みが酷い時はすぐに中止してください。

親指を曲げる

親指を内側に曲げて痛み・違和感・うまく曲がらない感じがあるかチェックしてください。

スクロール・文字入力する

Twitter、LINEなど上から下にスクロールして痛みや違和感がないかチェックしてください。

また、文字を入力して痛みが走るか確認してください。

手首の痛みをチェック

こちらは試してガッテンで紹介されていた手首の腱鞘炎チェック方法です。

1.親指を曲げる

2.他の四本の指で親指を軽く握る

3.親指側を上にした状態で、手首を小指の側に軽く曲げる

腱鞘炎のチェックの方法

参考新・現代病!世界に広がる謎の痛み

スマホ腱鞘炎の治し方

実際に私が効果を感じられた方法を紹介してます。

安静にする

炎症を起こした部分を使わないようにします。

・スクロールの時も人差し指を使う

・重たい物を持たない

ようにしてください。

炎症部分を冷やす

痛みがあるのは炎症が起きてる証拠です。濡れタオル・氷嚢で冷やして下さい。冷却スプレーや湿布も効果的です。

サポーターをする

バンテリン普通サイズのサポーターを身に着けてる右手

スマホの使用頻度が高い人はバンテリンサポーター 手くび用がおすすめです。装着するだけで手首・指の負担をやわらげてくれます。

スマホの使用時間を減らす

スマホは依存性が高く、気がついたら1時間以上使っていたという事も多いです。調べもの・ネットサーフィンはPC・タブレットを使うようにしてください。
依存性が高い場合は強制的に使用を禁止するアプリもおすすめです。
※強制終了・課金制度があるので使い方をよく読んで利用してください。

SNSを休止する

1時間に3回→1時間に2回など徐々に減らしていくのがおすすめです。
Twitterのアプリを入れてる人は新規アカウントを作成→誰もフォローしない状態にしてログインしておきます。
これだと検索は使えますが、タイムラインを追う時間がなくなるので時間短縮できます。

タッチペンを使う

タッチペンでスクロールすれば指の負担を減らせます。100均にもタッチペンが売ってるので利用してみて下さい。

治療には市販薬も効果的

腱鞘炎はなり始めが肝心です。病院に行けない人は血行を良くするビタミン剤や冷却スプレーを日頃から使用するのがおすすめです。

おさらい

スマホ腱鞘炎は現代病の一つです。悪化すると完治するまで数ヶ月かかるので、初期症状の段階で早めに治療するのが大切です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

役に立ったらシェアしてね☆彡

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)