つけペンでも描きやすい!漫画の練習におすすめの上質紙

画材やさんには漫画・イラスト向けのいろんな用紙が売っていますが、ありすぎて選ぶのが難しいです。

初心者の方でも使いやすいのがこちらのデリーターのフリーペーパーです。

【2点までメール便可】 デリーター フリーペーパー A4サイズ (上質紙70kg/100枚) 【デリーター】【ネームノート】【ネーム用紙】【漫画原稿用紙】【ラフブック】【ラフスケッチ】【フリーブック


私が数年前からずっと愛用してるおすすめの紙です。

描きやすい上質紙

上質紙とは化学パルプ100%で製造された用紙の事で、代表的なのがコピー用紙です。

ボールペンなどで描いても速乾性があるため、イラストを描くのに向いています

コピー用紙だとちょっとザラザラした感覚がありますが、デリーターの上質紙はコピー用紙よりもしっかりしているのが特徴。

ペン入れはもちろん、カラーイラストにも向いています。

スポンサーリンク

つけペンも使える

コピー用紙につけペンを使うとペン先が引っかかったり、裏写りがひどくなってしまいます。

フリーペーパーは表面がつるつるしているため、ひっかかる事が少ないです。

ユニクロのチラシの模写。

主線はGペン、服は丸ペン、背景はミリペンで描いてます。どのペンでも描きやすい!

スキャンしやすい

コピー用紙や画用紙の場合は薄暗くなりがちですが、フリーペーパーは紙が真っ白。

スマホで撮影した後の調整も楽になるので、時間短縮ができます。

コスパがいい

A4の原稿用紙は40枚入りで500円前後するのが普通ですが、こちらはA4用紙が100枚入って300円前後という良心的なお値段。

一枚絵はもちろん、気楽に漫画を描くのにも向いてます。

販売元も創業30周年を迎える老舗のデリーター様。昔から同人誌用、プロ用など幅広い原稿用紙を販売してくれています。

まとめ

アナログ絵はどうしても画材にお金がかかってしまいます。

でも苦労とお金をかけた分、上達しやすいのもアナログの大きなメリット。自分に合った画材を見つけて、楽しんでイラストを描いてください☆

【メール便可】デリーター フリーペーパーA4