ミリペンなのに潰れない!Fordrawingはイラストを描くのに最適

数年前まで漫画を描くのにピグマのミリペンを使ってたんですが、筆圧が強い私はペン先をすぐにつぶしておりました。

「やはりゴリラにミリペンは使えないのか…」と、嘆いていたんですが、ついに納得のいくミリペンを見つけました!!

それがマービー社のFor drawingペンです。

ミリペンfordrawing0.03の写真

所でミリペンって?

ミリペンとは、漫画やイラストに使われるペン先がミリ単位のペンの事です。

特定のペンをさすわけではなく、コピックマルチライナー、ネオピコライン等、ペン先がミリ単位のものに対して使われます。

今回私が購入したのは、一番細い0.03mm

0.7のジェットストリームと比べても細さがわかると思います。

ミリペン0.03mmと0.7mmで書いた文字の比較表

スポンサーリンク

Fordrawingのここがいい!

■ペン先が豊富

for drawingはペン先が

0.03、0.05、0.1、0.2、0.3、0.5、0.8、1.0mm

ブラッシュ(筆ペンタイプ)

と、かなり豊富です。

背景用、髪用など、使い分ける事ができます。

■ペン先が硬い

ネオピコ、ピグマなど、数々のミリペンをこの手でつぶしてきた私ですが、このペン先は今までで一番硬いです。

なので私みたいに筆圧が強い人にとてもおすすめです!

■かすれにくい

ペン先が硬いだけではなく、長時間描いていてもインクがかすれにくいです。

時間をかけてイラストを描く人にぴったり。

■速乾性がある

インクの乾きが早いため、消しゴムで消しても滲みません。

また、耐水性の水性顔料インクが使われているためコピック等のカラーインクとの相性もいいです。

■価格が安い

ピグマなどのミリペンは一本200円位するんですが、for drawingは一本160円前後。

しかも、背景を描くのに重宝する0.03mm、0.1、0.3、0.5、0.8mmの5本がお得にセットになった フォードローイング 5本セット(ブラック)も販売されています。

まとめ

「背景を描くペンが欲しい」「つぶれにくいミリペンが欲しい」人に、for drawingは超おすすめです。

筆圧が高くてミリペンを諦めていた人もぜひ試してみてください。

ミリペン フォードローイング 0.03mm ブラック

新品価格
¥155から
(2017/11/11 19:28時点)