イラストを上達させるには大きく描くのがおすすめ

「これで君も漫画が描ける!」「イラスト名人になろうっ」みたいな本を何冊か持っているんですが、それらに共通するのが「絵を上達させるには紙に大きく描く」でした。

大きく描く事で得られるメリット

■早く上達できる

全体のバランスをとるのは、小さい絵よりも大きい絵の方が難しいと言われています。

難しい方法を取り入れる事で、イラストを上達させる事ができます。

■アラが見えやすくなる

小さいイラストは細部を描きこまなくていいため、大きく描くよりも簡単です。

また、描けない部分に対してごまかしもききやすくなります。

大きい絵を描く事で、描いている途中でもアラが見えやすくなり、上達につながります。

スポンサーリンク

方法

用意するものは

・紙(最低でもA4)

・鉛筆(シャーペンでも可)

・模写する資料(人物がおすすめ)

鉛筆は2B以上がおすすめです。濃い方が絵が上手く見えるので、挫折せずにすみます。

まずは全体で大まかなあたりをとって、その後で細部を整えていきます。

腰や関節部分には補助線(画像の水色)を入れておくのがおすすめ。

全体→細部→修正→細部……を繰り返して、納得がいったら完成。

1ページに1人と決めて、デカデカと描きましょう。

スポンサーリンク

大きい絵が描けない理由

自信がない

成冨先生の御本「絵はすぐに上手くならない」によると、初心者や自信がない人はイラストを小さく描きがちだそうです。

人体のバランスをわかっていない

大きく描くには「頭部に対して体はこの大きさ」など、解剖学が頭に入ってないと厳しいです。

対策

人物を大きく描けない時、おすすめなのが頭(顔)を描くのを後回しにする方法です。

初心者の場合

顔…描いてる頻度が最も高い

体…描いてる頻度が低い

手…隠す

背景…白い

に、なっています(体験談をもとに書いてます)

自信が無い所を小さく描いてしまうなら、逆に自信がある所を大きく描いてしまう事もあるわけです。

その結果、手は小さく頭がでかい人が完成してしまいます。

体・手を先に描きこめば、頭でっかちになる事を防ぐ事ができます。

このやり方は効果があるので、大きく書けない人は試してみてください。

まとめ

私も大きく描くのは苦手で、最初はバランスがとれずイライラしてましたが、頭を後回しにする事で少しずつかけるようになってきました。

大きく描ければ一枚絵を描く時にも役立つので、ぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

役に立ったらシェアしてね☆彡

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)