セリアのA4方眼ノートはイラストや漫画を描くのにおすすめ

A4の方眼ノートは漫画の枠線をフリーハンドでひけてしまうので重宝してます。

どんな方眼ノートがいいかと考えてたところ「こんなブラック・ジャックはイヤだ」で有名なつのがい先生がセリアのノートを愛用してると聞いたので、早速真似して買ってみました。

セリアに売ってるA4の方眼ノート

商品名はSECTION PAPER。A4サイズ、枚数は40枚です。

一見すると普通の方眼ノートですが、これが凄く…良いです。

セリアの方眼ノートのメリット

■マス目の色が薄い

マス目の色が濃いとスキャンする時に飛ばさなくてはいけないので、とても面倒臭いです。

ですが、このノートはマス目の色が薄め。

左がダイソー、右がセリアです。

ダイソーとセリアの方眼ノートにそれぞれペン入れした画像

顔が違うのは、用紙が影響したわけではありません。

ペン入れがしやすい

ダイソーのノートに比べると、セリアの方眼ノートは紙がサラサラしています。

ペン入れしても引っ掛かりがないので、ボールペン、つけペンでも描きやすいです。

ちなみに上のイラストはタチカワのGペンで描いたものです。

関連記事>>漫画を描くペンでおすすめ!新ペン先スクールGについて

スポンサーリンク

スキャンした後で調整しやすい

色が薄い事で得られるメリット二つ目。スキャンした後の調整が楽ちんなこと。

以下はスキャナーを使って300dpiのグレースケールでスキャンしたものです。

スキャンしたイラストの比較

明るさ・コントラストも無調整ですが、セリアの方はほとんどマス目が見えません。

調整するとダイソーの方もマス目が見えなくなりますが、マス目の色が薄いと最初からペン・べた塗りに合わせて明るさを調整できるので楽ちんです。

スマホで線画抽出しやすい

アナログイラストを描く人は

アナログで絵を描く→スマホで撮影(もしくはアプリでスキャン)→線画抽出→ネットにあげる

のが一般的な流れですが、少しでもサクっと撮ってサクっとあげたい!という時がありますよね。

セリアの方眼ノートだとマス目が見えにくい為、線画抽出で黒を強くすれば綺麗にマス目を消す事ができます。

スマホで黒を調整したイラストの比較

スマホに入ってる画像編集アプリで明るさを調整するだけでもOK。

まとめ

  • セリアの方眼ノートはペン入れがしやすく、引っ掛かりにくい
  • マス目が薄いのでスキャンした後の調整が楽ちん

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

役に立ったらシェアしてね☆彡

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)