PCの目の疲れを軽減!ブルーライトカットできるfluxの使い方

パソコンからはブルーライトという青い光が放たれており、これは目の奥の網膜にまで達します。

この疲れがとれずに蓄積されると、眼痛、ドライアイ、眼精疲労などを引き起こします。

そこでおすすめなのがブルーライトをカットしてくれるソフト。PCの画面の色を調整し、ブルーライトをカットしてくれます。

今回紹介するのはf.luxという海外のフリーソフト。英語ですが、以下の手順で簡単に使う事ができます。

f.luxのインストール方法

f.lux公式サイトに行き、Downloadと書かれた青いボタンをクリックします。

海外のフリーソフトfluxのダウンロードボタン

英文で利用規約が表示されるので、I Agreeボタンを押して同意します。

インストールすると、パソコンの右下にf.luxとそのアイコン(オレンジと青)が表示されるようになります。

f.luxはその人の住んでいる地域の日照時間によって、PC画面の明るさを自動で調整してくれます。

その設定をするためにClick to set Locationを押します。

そうすると、下記のような画面が表示されます。

fluxの位置情報を設定する時の画面

紫で囲んだ部分に自分が住んでいる地域名をローマ字で入力しましょう。

ここでは例として沖縄(okinawa)を入力しています。

居住地を入力したらSearchボタンをクリック

正しく地図が表示されたらOKボタンを押します。これで設定は完了です。

f.luxのその他の機能について

fluxで色の調整をする設定画面

手動で色を調整したい場合

丸いボタンを左右に動かす事で、色を調整することができます。(青で囲んだ部分を参照)

一時的にソフトを停止したい

左上の赤丸で囲んだ部分を押します。そうするとDisable→for an hourをクリック。

一時間停止できます

スポンサーリンク

まとめ

ブルーライトをカットする事で目の疲れを解消し、ドライアイや眼精疲労を防ぐ事ができます。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

役に立ったらシェアしてね☆彡

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)