筆圧が強くても漫画の下書きが楽にできるシャーペン

漫画原稿用紙に下書きするのにオススメ!ソーラインコミックについて【アナログ】

イラストの下書きにおすすめのuniカラーシャー芯についてはこちらの記事にかきましたが、

今回は筆圧が強い人でもマンガの下書きをしやすい水色のシャーペンと芯について書いてます。

水色の下書きが出ないようにするには

漫画の場合、手書き効果の当たり線、トーン指定、パースや漫画のコマ割りで定規を使う事が多いです。

細いシャー芯だとその時にポキっとイってしまいがちです…。

しかも筆圧が強いと、印刷に出にくいとされる水色でも跡がのこり、印刷に出てしまう事があるそうです。

上記はこちらのまとめより引用。とても参考になる事が書かれてます。

簡単にまとめると、色よりもまず下書きの跡が残らないようにする事が何よりも大切との事。

しかし、私のようにゴリラと握力が変わらない場合、ガリガリと力をいれて描いてしまいがちです。

原稿用紙に跡が残らないようにするには、マンガの下書きを描くのに特化したシャーペンを使うのがベストです。

スポンサーリンク

ソーラインコミックは筆圧の強い人にオススメ

長時間マンガ・イラストをかく人の為に設計されたシャーペンです。

持ち手にはグリップがついてるため長い間描いても疲れにくいです。

漫画の下書きに細く硬い芯を使うと、濃く描こうとして自然と筆圧も強くなってしまいます。

ソーラインの芯は0.9mmと太いため、折れにくく柔らかいです。

以下はuniの0.5mmのシャー芯と比較した写真

比べると結構太い。何でも太い方がいいです(勿論神経の話です)

マンガの下書きが綺麗に消せる

シャーペンのカラー芯は綺麗に消せない事もあるんですが、ソーラインのシャープペンシルはスムーズに消す事ができます。

本体にも消しゴムがついてるので、定期的に「消しゴムがない!」と慌てる人でも安心です。

グリップを回すとみょーんと伸びます。

原稿用紙に下がき

実際に原稿用紙にかいてみました。用紙はデリータのはがきサイズ漫画原稿用紙。

模写させていただくのは二次使用が許可されている佐藤秀峰先生の「ブラックジャックによろしく」の一コマです。

枠線、フキダシ、セリフも全部ソーラインでかきこみ。

陰の部分、ハイライトの部分(鼻の横)を線でかきこみます。

髪の毛を塗りつぶし→付属の消しゴムで髪のハイライトをスッと引いて、その後整えます。

サラっと消えてくれるのでありがたい。

ペン入れとスキャン

実際にペン入れをしたものを600dpiでスキャンしました。

左からカラー・グレースケール・消しゴムで消した後グレースケールでスキャンしたものです。

グレースケールでスキャンしても、下書きを消した後にスキャンしてもそんなに差がないです。

でも100均の筆ペンで髪を塗ったせいで、消しゴムをかけたら薄くなってしまいました…。

と、いうわけで色調補正→トーンカーブで黒を調整。

見事にごまかすことができました。

下書きの跡が残りやすい人も、これで飛ばせると思います。

水色を主線として利用するには

なぜかペン入れした物よりも下書きの方が良かった、という事ありますよね。

そんな時には事前に写メ→画像編集でグレーに変換すればそのまま本書きに使えます。

線が太いので鉛筆でかいたアナログ感が出ます。

スキャンの場合もカラーで読み込み→グレーorモノクロ化してしまえば使えます。

まとめ

  • 水色の下書きを印刷に出さないためには跡を残さない事が大切
  • 筆圧が高い人は芯が太くて柔らかいソーラインのシャーペンがおすすめ
  • ペン入れが薄くても黒を調整すれば濃くできる
  • グレースケール→変換で主線にも使える

ソーラインコミック シャープ&替え芯セット

価格:486円
(2017/1/10 01:46時点)
感想(0件)

スポンサーリンク
レクタングル(大)