1分で完了!スマホでブルーライトカットする方法 おすすめのアプリも

「スマホを見るだけで目が痛い」「目の奥が痛くなる」という事はありませんか?

それはスマートフォンから発せられるブルーライトが影響しています。症状が悪化すると不眠症にもつながるので注意が必要です。ここでは

・iPhone・Androidでブルーライトをカットする方法

・iPhone・Androidにおすすめのブルーライトカットアプリ

を紹介しています。

ブルーライトとは

ブルーライトとはパソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイから発せられる強力な青色光のことを指します。

この青色はテレビやLED電球、日常生活の中でも様々な所で活用されてます。しかし、スマホの場合は画面と目の距離が15センチ位しかないので、特に目が疲れます。

また、寝る前に使用することで脳内が昼間だと勘違いして目が覚め、睡眠障害を起こす事があります。

ブルーライトカットアプリは画面の色を調整してブルーライトをカットし、目にかかる負担を減らしてくれます。疲れだけじゃなく眼精疲労の対策にもおすすめです。

スポンサーリンク

スマホのブルーライトをカットする方法

それぞれの機種に合わせたブルーライトカットの方法について紹介します。

iPhoneでブルーライトカットする方法

1.設定をクリックします

2.画面表示と明るさを選択します。

3.Night Shiftモードをクリックします。

※Night Shiftモードは対応していない機種があります。対応機種の確認・詳しいやり方はこちらのiPhoneMania様がわかりやすいです。

機能がない時は下で紹介するアプリを入れてみて下さい。

Androidでブルーライトをカットする方法

Androidの機種でブルーライトをカットする方法です

1.「設定」をクリックします。

2.「画面」をクリックします。

3。「視力保護」を押します

機種によってはこの機能が入ってない場合もあります。その時は下の方法でアプリを入れて下さい。

おすすめのブルーライトカットアプリ

ブルーライトを軽減する機能がない時はアプリを入れましょう。

iPhoneでおすすめのブルーライトカットアプリ

iPhoneのブルーライトカットアプリ

視力保護ブラウザ 〜ブルーライトカットで視力回復〜というアプリです。画面の色合いが変わり、長時間スマホを使用しても疲れなくなります。

Androidでおすすめのブルーライトカットアプリ

Androidの場合はTwilightというアプリがおすすめです。アプリを入れるとこのような色合いになります。

インストール・設定方法を紹介します。

Twilightの使い方

こちらからインストールします→Twilight

アプリをクリックするとこのような画面が表示されます。

色温度…画面の色合いを変えられます。

フィルター最大時の濃さ…画面の色が変わった時の色の濃さを調整できます。

スクリーンの暗さ…画面の暗さを調整できます。

色温度を最大にすると先ほどの赤い画面もこんな感じになります。

「どれくらいの数値にしたらいいかわからない!」と言う場合、下のフィルター時間設定の項目へいきましょう。

常に…常にフィルターをオンにします

太陽…日の出~夕焼けでフィルターの色合いを調整します

アラーム…フィルターを時間帯で設定。これをする時は別のアプリが必要になります

私の…自分好みで設定した色合いになります

太陽をクリックすれば朝~夕方で画面の色合いが自動で変わってくれます。

スマホの位置情報をオフにしている時は、手動で現在地を選択してください。

1.現在地を自動検出するをオフ

2.地図の中から現在地を選択。赤丸で囲んだ所が日本なのでそこをクリックします。

これでTwilightの設定は完了です。この機能はプルダウンメニューからいつでも一時停止・再開ができます。

スマホ以外にもAndroidタブレットで使用できるので試してみてください。

関連記事>>>>パソコンによる目の疲れをとるのにおすすめのグッズ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

役に立ったらシェアしてね☆彡

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)