パイロットのカクノは万年筆で絵を描きたい人におすすめ!細字中字の比較も

万年筆は1万円以上するのが一般的です。しかし、そんな常識を覆してくれた万年筆がパイロットのkakunoです。

ペン先がとがっているためつけペンのような書き心地を味わえます。このペン先はパイロットが販売してる3000円の商品と同じものを使っているため(!)描き味は最高です。

ここではパイロット・カクノの細字・中字の違い、インクの装着方法などについて書いています。

スポンサーリンク

カクノの種類

カクノには二種類あり、F(細字)とM(中字)があります。ペン軸も二種類あり、グレータイプホワイトタイプのものがあります。

私は区別しやすいように細字をグレーボディ、中字をホワイトボディにしました。

蓋の部分に種類(中字・細字)が書いてます。

開けた感じはこんな感じ。

ホワイトボディの方が透き通っているため、インクの残量が見やすいです。初めてカクノを購入する人にはホワイトボディの方がおすすめ。

スポンサーリンク

細字と中字の比較

細字と中字でそれぞれ線を引いてみました。

中字の方が細字より太く線を引くことができます。描き味も細字の方は固め、中字の方が滑らかです。

ガリガリと線を描きたい人は細字、初心者・滑らかな描き味が好きな人は中字がおすすめです。

kakunoで描いたイラスト

カクノでイラストを描いてみました。画像は二次利用が自由化された佐藤秀峰先生の「ブラックジャックによろしく」のトレース。

滑らかでサラサラと描けます。カクノは力をこめればある程度の強弱もつける事ができるため、イラストだけじゃなく漫画を描く時にも便利です。

また、引っ掛かる事がないためクロッキーにも使えます。

マルマンのスケブに細字で描いたもの。

インクの装着方法

kakunoはカートリッジ式のため、初めての人でも簡単にインクを装着できます。バラすとこんな感じになっています。

黒い部分(インク)を本体に装着すればすぐに使えます。

また、コンバーターという道具を使えば、吸入式(インクをすいあげる)としても使うことができますが、慣れるまではこのカートリッジのインクが便利です。

9種類のカラーインクに対応

カクノはパイロットのカラーインクに対応しています。

私はこちらのカートリッジ式のインク(ブラック)を愛用。色は全部で9種類あります。

公式サイトより。

好きな色を入れれば簡単にカラーイラストが試せます。

kakunoはこんな人におすすめ

  • 万年筆で絵を描くのに挑戦してみたい人
  • つけペンのように芯先が硬いのが好きな人
  • インクをつけずに強弱をつけられるペンを探してる人
  • 持ち運びできるペンを探してる人
  • 寝ながらでもガリガリ描ける道具を探してる人

ポイント万年筆の使い始めは芯が硬くできています。その時は縦線・横線を何度も引くと滑らかになります。

万年筆を初めて使う人は滑らかで描きやすいkakunoの中字がおすすめです。ペン先が硬いのが好きな人は細字がおすすめ。描きやすいのでぜひ試してみてください☆

パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-SPM 中字 ソフトピンク軸

新品価格
¥698から
(2017/1/29 15:12時点)

パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-SVF 細字 ソフトバイオレット

新品価格
¥698から
(2017/1/29 15:14時点)