デジタル

アナログ漫画に文字入れする方法

アナログ漫画に文字入れするには、文字を入力できるお絵描きソフトが必要になります。

ここでは誰でもダウンロードできるフリーソフト、AzPainter2を使って文字入れする方法について解説していきます。

 

 

ダウンロードする

 

まず、AzPainter2をこちらのサイトでダウンロードします。

 

ダウンロードの方法についてはこちらの記事を参考にしてください→Azpainter2をダウンロードする方法

 

 

起動する

 

AzPainter2(以下、アズペ2)をダウンロードしたら、上の、メニューから

ファイル→開くを選択。

 

文字を入れたい漫画を選択します。

 

 

レイヤーを作成

 

漫画を開いたら、次にレイヤーの準備をします。

やり方は色々あるんですが、個人的にやりやすいと感じたものを紹介します。

 

まず、右側に表示されるレイヤの画面からレイヤ→追加を押して、

新規レイヤーを三つ作成します。

 

レイヤの上をダブルクリックして、上からフキダシ、文字、白と

名前を変更します。

 

15

 

 

文字入れ

 

上記で作った文字レイヤーを選択。

 

そして鉛筆のマークやペンマークがあるメニューにて、テキスト(Tを選択。

 

Tを選択したまま、台詞をいれたい部分をクリックします。

 

すると、右側にテキスト画面が表示され、打った文字がマンガに反映されます(※反映されない場合は、テキスト画面のプレビューにチェックが入ってるか確認してください)

 

16

 

縦書きにチェックを入れると、上のように縦文字が打てます。

 

ここで重要なのはアンチエイリアスにチェックを入れること。

 

これを入れてないと線がガタガタになります。

 

長いセリフを改行したい場合、テキスト画面の方で改行すれば、それが反映されます

 

17

何でしょうこのセリフ。

 

 

とりあえずこれで文字入れが完成です。

 

 

 

フキダシを入れる

フキダシレイヤーを選択します。

 

ツールからペンを選び、下にある円(図形)を選択。

 

すると、このようになります。

19

 

枠線にかぶってしまいますが、気にせずに図形ツールで文字を囲みましょう。

 

 

枠線の上にフキダシを入れる

フキダシの中の枠線を見えなくします。

 

先ほど作ったというレイヤーを選択。

塗りつぶしツールを選択→パレットから白を選択します。

 

そして白のレイヤーを選択したまま、フキダシレイヤーの青いマークの隣をポンっと押します(画像参照)

 

20

青いマークの隣がピンク色に変わりました。

 

この設定のまま、フキダシの中を白で塗りつぶしましょう。

 

すると以下のようになります。

 

21

やったー見やすい!!

 

透明だったフキダシ内を白で塗りつぶすことで、枠線の上にフキダシを浮かび上がらせました。

 

この塗りつぶしは、円ツールを使ったフキダシ以外にも使えます。

22

ペンツールで描く場合は、きちんと線でつなげてから白で塗りつぶしてください。

 

 

まとめ

アナログ漫画の文字入れは、テキストツールがあるお絵描きソフトならどれでも出来ます。

AzPainter2は初心者でも扱いやすいので、慣れてきたら他のお絵かきソフトでも試してみてください。