初心者でも始めやすい記憶クロッキーとムーヴィングの描き方

クロッキーは速描画と呼ばれ、5分~10分間ほどの短時間でモデルの動きの構造・本質をとらえます。

クロッキーを続ける事で

短時間で本質を描こうとする→物を見るクセがつく→見たものを線で表そうとする(3次元→2次元)

と、いう流れができます。

しかし、クロッキーのやり方は人それぞれ違います。影まで描きこむ人もいれば、線だけで立体を表す人もいます。

ここでは初心者でも始めやすいクロッキーのやり方を二つ紹介しています。参考にしてみてください。

クロッキーの効果と絵の変化についてはこちらの記事をご覧ください→初心者がクロッキーを一ヶ月以上続けた結果 効果は抜群だ!

必要なもの

紙…クロッキー帳じゃなくても描きやすい紙で大丈夫です。ダブルリングのノートだとめくりやすいのでおすすめ。

鉛筆orペン…鉛筆の場合は2B以上の黒いもの。ペンの場合は描きやすいサインペン・ボールペンを使ってください。

ここで紹介する方法は一発書きなので、消しゴムは不要です。

スポンサーリンク

ムーヴィング

ムーヴィングとは手を止めずに自由に鉛筆を動かし続けることです。

モデルの体軸・重力・骨・筋肉…それらを全て感じたままに線で表します。

上半身が裸の男性の肩をムーヴィングした写真

画像は高桑真恵先生の人体クロッキー―美術解剖学をデッサン・アニメ・漫画に活かすより。

私がクロッキーを始めるきっかけを作ってくださった本です。

ムーヴィングで得られるメリットは

  • 仕上がりを気にせず、なんでも線に描き起こせるようになる
  • 手を使って人の形を記録することができる
  • 目に見えない運動曲線を描くことで、筋肉の流れをイメージすることができる
  • 輪郭線を意識せずに描ける

です。

写真をみたり実際の人間をみながら、それをひたすら線として描き起こします。

最初はすごくイライラします。こんなぐっちゃぐちゃで大丈夫なの?と。

しかし、慣れてくると必要な部分だけを描くようになっていきます

線が自然に減っていくため、人らしい形が出てきます。この段階になると人間に柔らかさが出てくると思います。人が人らしくかける→楽しい→もっと描くようになる、という仕組み。

記憶クロッキー

1.街中である一定の風景をじっと見つめます。笑ってる親子、かがんでる男性‥何でもいいです。

2.そして数分後にノートとペンを取り出し、モデルを見ずに思い出しながらクロッキーします。

記憶を頼りにクロッキーしたイラスト

メリット

  • 記憶力を鍛える
  • 思い出しながら人を描く力を鍛える
  • 人を記憶することで、模写以外のオリジナルも描けるようになる

描いたものしか上手くならない=描けばうまくなる、ということ。

人体を人体として目と頭と手で記憶することで、見なくても描ける力がついてきます。

最初は思い出せなくてイライラしますが、頭の中の映像をなぞるようなイメージで描くとうまく描けるようになります。

まとめ

人物を線として表すことに慣れると、徐々に絵も上達していきます。

外出する時間がなくても、スマホでクロッキーサイトを見ながらする事もできます→【30秒】人物クロッキーの練習をするのにおすすめのサイト

関連記事>>初心者がクロッキーを一ヶ月以上続けた結果 効果は抜群だ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

役に立ったらシェアしてね☆彡

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)