【初心者講座】人の全身絵の描き方 比率をヒントに描けないを克服

「上半身は上手く描けたのに、下半身を描くとバランスが悪くなる…」という人は多いです。ここでは初心者でも楽しく!ちょっぴり楽に全身絵を描くコツについて書いてます。

参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

全身の描き方

人の体は上半身と下半身の比率が大体同じです。つまり8等身の人間を描く場合、上半身と下半身をそれぞれ4:4の割合で描いてくっつければ、バランスのいい全身絵が描けます。

上半身と下半身を描いたイラスト

初心者の場合は全身を描くことに抵抗があったり、描き慣れていない事が多いのでまずは立った人間を描いてみましょう。

上半身の描き方とポイント

上半身を描く時のポイントは以下の3つです。

1.直立した時、股間の横に手首がくる

2.肩から肘、肘から手首までの長さが同じ

3.乳首と乳首の間がちょうど頭一つ分

目安ですが、これを意識するだけでバランスよく描けます。

上半身を描く時に迷うのが肩幅。肩幅は頭2.5~3個分の広さにしておくと広すぎず、狭すぎず描けると思います。

下半身の描き方とポイント

描くのが難しいイメージのある下半身…。そんな下半身を書く時のポイントです。

下半身を書く時のポイントについてかいたイラスト

1.足のつけ根から膝、膝から足首までの長さはほぼ同じ

2.ふくらはぎとふくらはぎをつけた時の幅は頭一つ分

特に1番を意識して絵を描くとバランスよくかけます。

スポンサーリンク

全身を描く時に役立つ比率

初心者が全身絵を描くのはハードルが高く感じられます。しかし、個人差はあれど男女共におおまかな決まり事(人体の比率)はあります。

そのヒントを頭の中に入れておくと描きやすくなります。下にまとめたのでざっと頭の中に入れてみてください。

  • 親指から小指までの手の幅は、顔の横幅とほぼ同じ
  • 直立した時、股間の横に手首がくる
  • 肩から肘、肘から手首までの長さが同じ
  • 足のつけ根から膝、膝から足首までの長さはほぼ同じ
  • 頭から股、股から足までの長さは同じ
  • 乳首と乳首の間がちょうど頭一つ分
  • ふくらはぎとふくらはぎをつけた時の幅は頭一つ分

男性と女性の全身の違い

男性は狩りをするためにがっちりした体に、女性は子供にミルクをあげるために胸の部分が発達しました。

女性は男性よりも脂肪が多く、筋肉量が少ないです。女性の上半身の筋肉量は男性の70%しかありません。

男性を描く時は上半身をがっちりさせると男らしく、女性の場合はなで肩で曲線を意識するとそれらしく見えます。

男性の上半身の描き方はこちらにまとめています→【初心者】男性の上半身の筋肉の描き方講座 コツとアタリのとり方も

全身絵の描き方まとめ

人体の比率をヒントにして、上と下を描きこんでいけばバランスを崩さず描く事ができます。実際に写真を見ながら描くと比率も覚えやすく、勉強になります→【最新】絵の資料に使えるおすすめのサイト10選 アプリや資料の使い方も

楽しんで描いて見てください。

カテゴリー:人体の描き方

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

役に立ったらシェアしてね☆彡

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)