【描き方】人の全身を描く時に曲線一本で流れをイメージして描く方法

人間の全身絵は描くのがすごく難しいですよね。

今回は曲線一本で人間の体を描いて、そこからイメージをふくらませて全身絵を描く方法について書いています。

やり方

0eac1556ee7f9e5573051560312c949b

たびたびお世話になっている男トレさんのサイトより走るポーズ。男子ポーズドットコムさんのサイトはこちら

004

スッ・・

線だけだとこんな感じです。

002

スッ・・。

人を曲線一本で描く事で体の軸や体重の流れを把握しやすくなります。

1

人間の体は元々曲がっています。しかし、絵を描き始めた頃はそのことが頭に入っていません。そのため、四角くカクカクした絵を描いてしまいがちです。

hitokaku3

8億年前に描いた絵。ロボットのようにカクカクしてますね。

絵を描き始めた時はとにかくうまい絵を描こうとしがちです。

乱れた曲線よりも直線の方が上手く見えるため、まっすぐな線を意識して描くことが多いです。

005

しかし、上にも描いたように人間の体は曲線だらけです。

特に横から見た場合、背骨はまっすぐではなくS字になっていることがわかります。

20160729_140306.jpg

曲線で人物をとらえるようにして描くクセをつけていくと、カクカクした四角い人間ではなく、人間らしい動きをした絵を描けるようになります。

人物が作る曲線に慣れてきたら、区切ったり箱や円柱としてとらえてみましょう。何事も急がば回れです・・本当に・・。

具体的なやり方

まず、描きたい人物の写真や絵を用意しましょう。今回私が模写するのはルーミス先生の「優しい人物画」の女性です。

そのお手本をじっくりみて、その人の動きや体を一本の曲線で表します。

006

これは正中線でもアタリになる線でもありません。正解もありません。この人物をこれからどのように描くかを頭の中でイメージするための線です。

007

次に、その人の足元を描きましょう。地面がどこなのか、足はどこについているのかをイメージするためです。

影なども気にせずささっと描いてしまいましょう。

008

ここで上半身、下半身を意識してみます。

股間を中心に上半身、下半身と分けてみてください。頭の中にイメージするための線なので、これも大まかで大丈夫です。

009

流れを壊さないように人体を描きこんでいきます。

013

人の上半身を描く時は膨らんだTシャツを意識して描くと描きやすいです。

下半身は下着から丸い筒を生やすイメージで。

足を動かす時も股間の部分(下着)からズレないように動かすと描きやすいです。

010

上の絵を見ながら余分な線を描かずに描いたものです。

011

「おっぱいはここ」「おっぱいはここ」など確認しながら、少しずつ描きこんでいきます。

ここらへんで腕が短い、足の位置がおかしいなど気づく点が沢山出てきますが、ここで直せばもう少しなので頑張りましょう。

012

上の絵を修正して、影をつけて完成です。

もうちょっと直したかったけど力つきました。

まとめ

服を着ていても着ていなくても、人の体の曲線は見ることができます。

最初に人を曲線一本で描いてみることで、体の流れをイメージしやすくなります。動きのある人間が描けない人や人物が固くなってしまう人は試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

役に立ったらシェアしてね☆彡

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)