無印良品の文庫本ノートの代わりになりそうな100均のノート

無印良品の文庫本ノートが使いやすいというのを、以前ネットで見かけました。
勉強本として、小さいアルバムとして、レシピ本として。

bunkobon
無印良品のサイトより

144枚で147円というお買い得さ!

永沢まこと先生のご本で「室内での模写をする用のノート」と「持ち運びに便利な文庫本サイズのノート」を使っているというのを読みました。
文庫本サイズのノートだと、クロッキーをするのにも持ち運びが便利で目立ちにくいことから使っているとのことです。
このご本にも無印良品のノートが紹介されていたんですが、この本を読んで以前買った文庫本ノートを思い出し、掘り出してきました。

dsc_0692.jpg

dsc_0694.jpg

シールがめくれているため、ペンで押さえてます・・。商品名はB6のフリーノート。
368ページあって108円(!)
百均の中でもお洒落なイメージが強いセリアに売ってます。

ただ、無印のと違うのは中に罫線が引いてあること。

dsc_0696.jpg

その日に起きたことを思い出してクロッキーしたもの。

百均の紙ですが、結構しっかりしていて描きやすいです。そんなによれよれしない感じ。でも、裏地はやっぱり透けてしまいます・・。

文庫本のノートって、見開きする時に開きずらい感じがするのであまり使ってなかったんですが、しっかりおさえて開くとそんなに気にならないかも。今度からは使うようにしょう

20160520_002556.jpg

たまたま見てたXファイルの模写。Xファイルは光と影の使い方が見事だと思う。

これはボールペンにセリアの筆ペンで描きました。

裏は・・

dsc_0698.jpg

「おいスカリー見てみろよ。ヨレヨレのぐしゃぐしゃのよれよれだ」

「モルダー、あなた疲れてるのよ」

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

役に立ったらシェアしてね☆彡

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)